読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米相場

米騒動というサイトにくっついているブログ。

不調には理由を(冤罪でも可)

●残業がやっと終わりそうです

f:id:ookimachi:20170406232718j:plain

(本屋さんの古典文学的な本を置いてる棚がとても綺麗だった)


こんばんは。様々な困難や問題の多々発生した残業がやっと明けそうです。

長らく続いていた体調不良もやっと収束に近付いてきました。

しかし、今度は乾いたような咳が続くようになりました。なんだか、この咳は少し妙な気がするので、来週も咳が続くようなら病院へ行かねばなぁ、と、そんなところです。

私の仰天ニュース脳によると、このままだと私は死ぬ可能性が高いという妄想をし始めております。


●別々の二人に同じ反応を頂きました

f:id:ookimachi:20170406234030j:plain

(大ちゃん。【宇宙兄弟】のムッちゃんの次にリアルに好きなキャラクターです)


そういえば、前回、前々回と頂いたご質問にブログでお返事をしたところですね。

おふた方からご丁寧に、お礼のお返事を頂きまして。しかも何だか面白いことに、おふた方ともメールの序盤に『返事が早くてびっくりしました』というニュアンスの言葉が入って私は「確かに」と自分で頷かざるを得ませんでした。

私は基本的に質問者が質問した事を忘れ去るレベルで回答が遅かったりするので、今回は仰天エピソードとして語れるくらい早かったとおもいます。

私もやればできるんだなぁと思い、この調子で一次創作サイトである矜持を思い出せればいいなとおもいます。


●調子の悪い事はウソでもいいから何かのせいにして生きていく

f:id:ookimachi:20170406234638j:plain

(不調な事を自分以外の何かに原因を作ることで、楽になることって多いのです)


これはネガティブでも自己否定でもなく、私は本当に仕事の出来無いやつでして。

主観的においてのみならず、客観的目線においてもそう。

事実なのです!


先日なんかは、私の仕事の話題でよく登場する20歳の子から「いや、マジはいじさんが思いの外役立たず過ぎて驚いたよね〜」と真正面から核弾頭ミサイルをぶちこまれました。

あと、よく言われるのは「はいじさんの後って仕事たまってるから本当にイヤ〜」と。

まぁ、彼女は基本的に誰にでもそれ言っちゃうか〜!というレベルのことをカラカラと言う子なので、むしろ清々しいというか。個人攻撃タイプでなく、平等攻撃タイプなので。

コミュニケーションの一環なのです。


誰も言わないけどやっぱりそうなんだよな〜ということは明言してくれるので、私は非常に好ましく思うのです。


なので、そう!私は仕事が遅く、精度もあまりよろしくない!

仕事できない人間なのです!


私はおしゃべりをこよなく愛してはおりますが、だからといってコミュニケーション能力が高い訳ではないのです。

むしろ、職場では仕事の報告をすると『なになになになに!?』と言われます。主任からも先日の面談で「文章はいいけど、言葉がね〜回りくどいというか長いというか………いや、もう私ははいじさんが何を言いたいか大体わかるんだけどね」と、私のコミュニケーション能力に最早主任が慣れてきてしまった旨を言われました。

前職でも全く同じような事がおこっていたので、なんだかもうある意味自分はとんでもない人間だなと思った所存。


私が環境に適応するのではなく、環境が私に適応していると、大仰に言えばそういうこと。


私はほんと仕事という箱の中では、とんでもない出来損ないなのです。

これは、そう思うことで努力を蔑ろにしているという逃げの一手でありながら、こう思わないともうやってられないという自己防衛の一部でもあります。


仕事がまるでダメでコミュニケーション能力が蛇行運転でも、なんとか生きてるし、職場というハコの外ではそれなりに楽しく生きていける感じではあります。


一人の友人とlineをしていて思ったのですが、私は仕事ではまるでダメだけれど、全てがまるでダメという訳ではないのではないか、と。

その子はよく『ハイジちゃんはよく考えてるね』『そんな事考えもしなかった』とよく言ってくれます。

(この他者肯定能力というのは物凄い能力だと思います)


その子に限らず、私の友人達はなかなか私を肯定的に捉え、しかもそれを言葉で伝えるのが上手なので、なんとか私も自分をまるでダメじゃないんだ!と思えます。

米騒動に寄せられるコメントも私にまるでダメではないという自負をくれます。


だから何が言いたいのかと言えば、そう。うまく行かない事は、もう自分以外の事象のせいにしてしまうと、生きていくのが少しは楽になるのではないかという私の思考をダラダラと文章化したものです。


いま、私はこの明らかに不向きな仕事を丸三年行い4年目をフラフラと歩んでいるところですが、もう区切りをつけたいと考えているところです。特に大きな理由がなくても、ジワジワと感じる自分の不甲斐なさに背を向けたくなってきたところなのでした。


私のせいではなく仕事が私に向いてないのだ!と、責任転嫁するとらくらく!

私の得意技ですね。


調子がわるいのは生理前だから。

イライラするのは生理中だから。

異様に眠たいのは生理前だから。

肌が荒れまくってるのは生理前だから。


と、こんな風に自分に都合の悪いことは全部生理のせいにしておくと幾分心が楽になるのでよくやります。

だいたい人生は生理中か生理前なので、不都合なことはぜんぶ生理のせいにします。冤罪も多々あるでしょうが。


そう、そう。

仕事どうしようかしらねえ。