米相場

米騒動というサイトにくっついているブログ。

私は声変わりがしたかった

●色々、問題事が絶えない現実ですが

f:id:ookimachi:20181101191643j:plain

(【ゆうべはお楽しみでしたね】の更新で心が救われた)


こんばんは。

温泉旅行ロスからこちら、そこそこ面倒な現実世界で生きていた為、特にブログに書くこともなく生きていたはいじです。

ちなみにツイッターには容赦なく愚痴をぶつぶつ言っておりました。みなさんに聞いてもらう独り言が愚痴とは心底申し訳なかったですが、ツイッターは非常にストレス解消になるのです。


ちなみに、アニメ見れてなくて辛いと言いつつ見ていた【宇宙兄弟】はあっという間に見終わってしまって、慌てふためいた私が次に見たのは【涼宮ハルヒの憂鬱】でした。

とんでもなく過去にタイムスリップしつつある私ですが、そんな【涼宮ハルヒの憂鬱】も見終わってしまいました。はやい、つらい……。

そして慌てた私が現在見ているのが【のだめカンタービレ】です。しばらくはこれでオタクとしての心の荒みを癒やしていきたいと思います。のだめはカサついた心を潤すニベアです。


●婦人科検診に行くといっていましたが

f:id:ookimachi:20181101192834j:plain

(この二人癒やしかよ)


行っていません。

ひとまず10月は取り急ぎ歯医者さんに行ってきました。健康保険証を返納する前に行かないといけない病院ナンバーワン、それが歯医者。

ひとまず、虫歯はなかったのでこれからもしっかりと歯磨きをしていく所存。歯の治療に費やす金銭は一切ないのです。

貧乏人こそ、歯磨きはしっかりしないといけない。そう、べりい、そう。


で、婦人科検診は今月の有給期間中に行きたいと思います。

色々と聞きたいことがある!わたしの口はこういう時に、たくさん奥せず話す為のスキルは十分備わっていますので。わたくし、パラメータ上で【羞恥心】のステータスはほぼ0に近いので。

婦人科検診に行ってやった暁には、はいじ特別スキル“赤裸々”を発動して、初診料の点数分はしっかり元とってこようと思います。

f:id:ookimachi:20181101194407j:plain

(スキル発動!せきらら!)


赤裸々って音で発音する分にはプリキュアの呪文みたい。よき。



●今日、ふと思い出したんですけど

赤ちゃんと僕 6 (白泉社文庫)

(名作にも程がある)


12歳の時、私は謎に声変わりがしたいと思っていました。

再度、確認の為に申し上げますと、私は女であります。

ただし、非常に声は低いタイプの女です。


まあ、当時は自分の声が低い事を強く意識しているわけでもなく、コンプレックスに思っている訳でもなかったのです。

ただ、当時仲の良かった同じ班の男の子が、何の話題だか分からないんですけど「だって、俺もう声変わり終わったし」とか何とか言ったんですよね。確かに、その男の子の声は既に大分低かった。

で、私はその時謎の天啓みたいなのが落ちてきて。


私も声変わりしたいと、地団駄を踏み散らかしました。言われた方は良い迷惑ですよ。いや、俺に言われてもって感じでしょうよ。


その頃の私は、多分12歳という年齢もあり、自分にはない2次性徴にどうしようもない羨みが生じたのでしょう。出来ないもの程やりたくなるし、無いものほど欲しくなるんですよ。


にんげんって、そういうもの。


その頃【赤ちゃんと僕】という名作漫画を集めていたのもあって、更にその想いは加速。

赤ちゃんと僕】で主人公の拓也(12)が声変わりをする話があるんですよね。で、成長の早いイケメンキャラであった藤井君(12)という男の子が拓也に「声変わりは一度じゃないんだ。何度も繰り返して低くなるんだよ」と説明しているページに、かっこいいかよと憧れは強くなる一方でした。


まあ、私に声変わりはありませんでしたけど。


どうして急にこんな20年近くも前の(震えるわ)事を思い出したのかと言えば、今、正に声変わりしたい欲が再燃し始めたからです。


以前と違って、今は声変わりして、声を高くしたい。男が低くなるなら、女は高く声変わりしてもいいやーんと思うのです。

こんな低い声ではいけない。

一度で良いからカラオケで【創聖のアクエリオン】とか、Superflyさんとか、そういう「私とても音域広いんです〜高い声出し放題です〜」みたいな歌を歌ってみたい。


あれらを歌える私はきっと、素晴らしいストレス解消になると思うので。


というわけで、私は声変わりがしたいので、声変わりのできる薬を誰かに発明して頂けたらうれしい。

すぐに、カラオケに行く所存です。

感謝の気持ち程、伝わりにくいものはない

●土日で熊本に行ってきました

f:id:ookimachi:20181015221716j:plain

(この街は、くまモンを愛して止まない)


こんばんは。

13日、14日で熊本旅行に行ってまいりました。はいじです。


今回の旅行は“温泉旅館でゆっくり”をテーマにした旅行で、とてつもなく満足度の高い旅行となりました。

f:id:ookimachi:20181015224645j:plain

(露天内湯付の素晴らしさ)

おかげでね、なんというか、なんか、もう、こう、現在ロスり方が尋常ではなくて、月曜日の本日、有給を使って休みにしておいて本当に良かったと思います。

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

まさに、これ。

ほんと、体力的には元気もりもりだったのですが、心が……。

数年前、このタイトルの漫画を見た時「一度で良いから、こんなポージング&テンションで仕事休んでみたい……てか、羨みが過ぎて腹立つ」と歯をギリギリした思い出がありますが、意図せずあの頃の自分の望みは叶えてやれた気がします。


f:id:ookimachi:20181015225301j:plain

(もどりたい。あの日あの頃)


そんな訳で、旅行ロスを引きずっている私ですが、先程、私お得意の長文メールで旅館に感謝の言葉を送りつけてしまいました。


私こういうところある〜〜。

気持ちが突き抜けると稀にファンレターとか送っちまうところある〜〜。小学生の頃、好きな漫画家さんに便箋3枚くらい使って思いの丈をぶつけた事ある〜〜。わたし、そこそこ重いおんなであったの思い出した〜〜。


自分が元々そういう性質を持っているのは確かですが、それとは別にTwitterとかで絵師さん方が「感想とか貰うと嬉しくて創作意欲に繋がる」と、呟いていらっしゃるのを目にしたので、今回「わたしったら、重いおんなかよ」と思える位のそこそこ長いメールを送った次第でした。

まあ確かに、感謝の気持ちこそ言葉にしないと伝わらないのは真理です。

f:id:ookimachi:20181015230255j:plain

(私は肉がとても好き)


旅館でも、めいっぱい感謝の気持ちは伝えてきましたが、やはり私は、文章で感謝の言葉を伝えたい気持ちがありました。私自身、こういったサイト運営をしている人間なので、文章で感想やら感謝の言葉を頂ける嬉しさは、人一倍感じてきましたから。

なので、そこそこ詳しく、どこが良くてどんな風に感動したのかを書いてメールしました。

私が皆さんから頂いて嬉しかった感想メールの数々をお手本にしながら。


久々にこうい感謝の文章書けてよかったです。去年の年末に友人たちに年賀状ではなく、LINEで“年末状”と称し、感謝の言葉を長文で送り付けて以来の、感謝メールでした。

f:id:ookimachi:20181015230703j:plain

(風呂とアルコールのケミストリー)

こういう類の自己満足は、これからもやっていきたいです。

そんなわけで、これからもたまに感謝は文章化していこうと思いました。


おわり。

アニメ見れてない、つらい

宇宙兄弟だけしか

宇宙兄弟 1 [DVD]

宇宙兄弟 1 [DVD]

(実はアニメの方はほぼ見てなかった)


こんばんは。

最近、院長から「どうだ?辞めるの止めたか?お前の結婚式のスピーチは考えてある。悪いことは言わない、寿退社にしときなさい」と会話の合間に合いの手みたいに入れられて来て、とても困った顔&握り拳が出来ております。

このやろう、嘘つけ。

はいじです。


最近、とんとアニメを見ておりません。逆に、今なんのアニメやってんのという状態の私。つらい。

【オタクでアニメを見て楽しんでいる私】というのを、私自身とても好きでいるので、現在の私というのはアイデンティティが崩壊気味な訳です。


アニメ見てない私は、私といえるのか……?

f:id:ookimachi:20181011233652j:plain

(これはわたしのなかの、てつがく)


毎朝、アニメを見て出勤していたのに。こんな私はつまりませんので、あまり好きではありません。

私的には私はアニメを見て、オタクのニュースに敏感になっている方が好きですね、はい。

f:id:ookimachi:20181011233856j:plain


まあ、見てないといっても【宇宙兄弟】は毎朝見てから出勤してるんですけどね。

あー、素晴らしい!本当に素晴らしい!宇宙兄弟さいこう!NHKで朝ドラか大河ドラマにしてはいかがかな!

私【宇宙兄弟】は原作が好きで、丁度就職する年の4月にアニメが始まったんです。ちょうど社会人に必要なテーマじゃん、毎週見るぞ〜〜と勢い込んでいたのは最初だけで。


そこからは、驚くほどの日常の目まぐるしさと息苦しさで、しかも内容も原作で知ってるものだから【宇宙兄弟】のアニメを私が見る事はありませんでした。


        ( ´・‿・`)


そんな【宇宙兄弟】今更ながらアニメを見ております。

社会人7年目。29歳。今や、日々人と同い年。

(原作は元々未来の話なので、そもそも私は日々人や六太より遥かに年上)


むっちゃんが最高なのは分かっていました。理解は十分。

本当に彼は最高の男が過ぎるんですよね。

32歳というむっちゃんの年齢を超えても、きっとむっちゃんは私の中で“最高の上司”を不動のモノにしている事でしょう。

そういう、むっちゃん熱はやはりアニメ視聴と共に再燃したとして、アニメはアニメでとても良かったです。放送当時から言われていましたが、尺を贅沢過ぎる程に使いまくっているので、原作を知ってるのに泣くところが多い。

尺の広がった部分で、アニメオリジナルの演出が原作の枠を超えない程度に、絶妙に肉付してるのが良い。

そのせいで、本当に涙腺にクる。


特にせりかさんの子供の頃のエピソードは朝から、化粧しながらガン泣きしてやった。

あとは、1話分まるまる使って描かれたケンジの奥さんとの出会いから結婚、そして宇宙飛行士の試験を受ける経緯までの流れは、正統派過ぎて心底……キた。

何この順風満帆を絵に描いたような人生。ケンジは本当にむっちゃんとの対比としての“正統派”が似合う。


という具合で、内容が地に足付いてるので、誰かの人生の再現VTRを見ているような気分になるのがまた……良い。

世界仰天ニュースとか奇跡体験!アンビリバボー的な要素を、少しばかり垣間見れる。


そんな訳で【宇宙兄弟】がとても素晴らしいという話でした。

ただし【宇宙兄弟】はオタクに含まれません。何故なら、この作品は私にとっての朝ドラであり大河ドラマであり世界仰天ニュースであり奇跡体験!アンビリバボーだからです。


そんなわけなんです。


だそく

病院の患者で失礼極まりない患者さん(オッサン)がいます。基本的に女性蔑視的な発言で事務員看護師諸々の女性スタッフを敵にまわす患者やろう。

こんちくちょうめ。

昨日は、このこんちくしょうから、こんな事を言われました。

『あっ、ハイジさんまだ居たの?嫁にも行かずにね。がむしゃらにね。ほんとね、働きっぱなしね』

患者様は神様ではないのでね、もうね、辞めるしね、私も受付前で叫んじゃいましたよね。


ふつうに、むかつくわー。まじで。


って。


そこそこの音量で叫びましたよね。

がむしゃらに働いて褒められる事はあっても、皮肉言われたり馬鹿にされる言われはねーーーー。

ほんと、あんまり前時代的は発言ばかりしてると訴えられますよ。ほんと、院長といい患者といい。


まあ、院長は好きだからいいけど。


おわり。

記憶操作なんかではなく、

●以下、色々思い出して、荒ぶってます

f:id:ookimachi:20181005235317j:plain

(とても、おいしそう) 




本日、友人からLINEが来ました。



【はいじちゃんの、前職の社長が久々にうちの職場に来たよ。受付対応した子にトラウマ植え付けてた。わたし、仕事にはいぱー嫌気さしてたけど、あれと比べれば天国と思った】




ふむふむ。

なんか、久々に前職(の社長)を思い出しました。

前職を辞める辞めない問答あたりに関しては、まだブログが残っているので見れば当時の事は分かります。

新卒で入社して、1年半で辞めました。


たった、一年半しか続かなかったわけです。


前職は、先輩に恵まれ、給料もそこそこ悪くなかった。土日も休みだった。

(※土日は、出張やらで潰れる事が多かったけど、)


文章にすると、それはもう良い職場なわけですが。

だったら、私は辞めてないっすわ。


そう、一番辛かった部分にモヤがかかっていて、たまに思い出すと、なんか、記憶が変わっててですね。

「たった一年半しか続かなかったのは、私の仕事の能力が余りにもクソで(確かにクソ)、根性がなくて、我慢弱かったからだよなあ」

と、最近では記憶と感情の改ざんが行われていました。


けれど、今日来たLINEで「あっ、思い出した思い出した!」と、元気が出ました。


私、あの社長から精神ボロボロにされたんだった!うっかりしてた!

自尊心根こそぎもってったんだよな、あいつ!と。


私がお調子者なのを良い事に、みんなの前で何回も怒鳴られ、出張先でも部屋戻ったあとも電話かけられて怒鳴られ、というかビビる私が丁度良かったんだろう!体良く当たられてたんだろう!ひとまず、何につけても頷いてはもらえなかった!怒鳴られる事しかなかった!何言っても信じてもらえず、いつも無理難題ばっかり言われた!辞める事決まって有給取るときも「理由と根拠を文書で示せ」とか訳わからん脅し受けた!有給使うのに理由と根拠を示さねばならぬ理由と根拠が知りたいが!

最早、休みの日も職場の携帯鳴るのが恐ろしくて休みも休みじゃなかった!社長と出張行った後はいつも爆泣きしてた!


と、友人からのLINEで、私はそこまでの根性なしではなかった事が証明されて嬉しかった。

受付対応しただけでトラウマ植え付けてくるやつと、一年半一緒に居ただけでも御の字御の字。


●院長からの言葉

f:id:ookimachi:20181006002112j:plain

(とても、おいしそう)


そういえば、今の職場に入職したばかりの頃。

院長先生と前職の社長が年齢とか、背格好がよく似てて、私はとても恐ろしく思っていました。

50後半の太めのおじさん。


私のトラウマ的年代。


同じように「怒鳴られたらどうしよう」とか、「仕事が出来なかったら何言われるだろう」とか。ともかく、目の前の仕事以外に私の頭の中は、そういう不安でいっぱいだったわけです。


そんなんだから、院長と話すとき、慌てふためいてしまって、24歳の私はドタバタしていました。

(24歳若い……年齢だけならあの頃が羨ましきことよ……)


けど、先日院長と二人になったときに言われました。

「お前、最初に比べれて大分落ち着いたな。ほんと、はじめの頃はそういう病気かと思って心配したぞ」


ふむ。わかる。とても。

私、あわてふためくと漫画みたいな事しでかす奴なので。

(例:壁に激突する、転倒する 等)


院長も。もう、私が辞める事を知っています。だから言ってくれたんでしょうけどね。

「お前は、ここで頑張ってたもんな。よく、ここまで落ち着いて仕事できるようになった。よくやったよ」と言って、握手されました。

どんだけ最初が酷かったか、伺える賛辞ですな。


( ・ᴗ・ ){せんせー!さんきゅーな!ボーナス貰って辞めちまうけど!許してな!


そんなわけで、本当にちゃんとした“大人の男の人”は、怒鳴って権力の誇示なんかしてこないんだな、と今の職場でよく分かりました。

怒鳴るのが悪いというのではなく、そう。怒る事が必要な場面で怒る事は、とても普通。当たり前な事で……なんというか。


十二国記】という小説で、主人公の陽子が言った台詞でまさにな言葉があるんですけど。

他者に頭を下げさせて、それで己の地位を確認しなければ安心できない者のことなど、私は知らない。それよりも、人に頭を下げるたび壊れていく者のほうが問題だと私は思う。


これ。

多分、こういう事。前職の社長はビビる私を見て、結局は自分の地位や権力を実感して良い気分だったんだろうなあと思います。

そうしないと、不安な人だったんでしょう。攻撃される前に、攻撃してくるタイプ。攻撃は最大の防御タイプ。


どうせ気持ち良がるなら風呂に入って良い気分に浸って満足できる私の方が、よっぽど大人で社会的にステキなやつじゃん。


そんなわけで、前職の社長と過した私の一年半は、これからも私の精神的強い財産になるに違いありません。

そう、なんか友達からのLINEで改めて思いました。



おわり。


あ、あと、何故か院長は私が辞めるの来年の3月だと思ってるみたいなんですけど、12月です。ほんと、12月までで勘弁してください。

ゆうべはお楽しみでしたね◎

●今日は久々にまる一日家に居ました

f:id:ookimachi:20180930205135j:plain

(久々にマンガについて語り散らかす)


昨日の今日でこんばんは。

今日は本気で台風の一日でした。おかげで丸一日家におりましたよ。

なので、連日ブログ更新という次第。


なんと驚愕なのですが、本日が今年初の何もない家で過ごす日曜日でした。

(冗談抜きで、手帳を見てみたらそうだった)


( ´・‿・`){はいじちゃん、生き急いでるよ。だいじょうぶ?


という、友人の言葉が頭を過ります。

台風という自然災害のお陰で、やっと私の“生き急ぎ”にブレーキがかけられました。家で過ごすのも悪くはない。


●ゾノさん、やっと子供産んだーー!

f:id:ookimachi:20180930210337j:plain

(本当に、本当によかった〜〜)


このブログを見ている人なら、そこそこ“ゾノさん”の知名度も低くはないと思います。

軽く説明すると、私、ハイジの10歳の頃からの友達にして、【蛇足】の生みの親、【米騒動】のビジュアル担当。【蛇足】は当初、高校時代にゾノさんとやっていたリレー小説が元になっています。


こうして書いていると、前回の記事でも申し上げたように光陰矢の如しを体現しているとしか言いようがない。子供の頃から遊び散らかして、そこそこ痛いオタク時代を共に歩いてきたゾノさんが、今や彼女も“お母さん”です。


入院する直前まで一緒に遊んでいたせいで、なんかもう生まれるまでの約3日間は、携帯片手に仕事が手につかない状態でした。

職場の人々からは「友達の出産で、そんななる?マジで?」と、お前は旦那か何かかよというツッコミを入れられておりましたが。

だって、私仰天脳の持ち主ですもの。いつだって思考回路の結末はビックリ仰天ドラマティックです。


今期見ていた【透明なゆりかご】というドラマの影響も相成って、そこそこ最悪の事態ばかりを妄想していました。


あー、よかった。

これでまた私も呑気に戻れる。

本当に、ゾノさん!

おめでとうございました!


●はい、ここからは好きな漫画を語りますよー。

【フルカラー版】ゆうべはお楽しみでしたね 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

【フルカラー版】ゆうべはお楽しみでしたね 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

(ゆうべはお楽しみでしたね!)


久々に漫画について語らせてもらいますーー。これはとても私のお気に入りでですねーー。

【蛇足】

布教したくてしたくてたまらなかったのに肝心の1巻2巻を、元カレに貸したまま別れてしまったせいで、謎に3巻4巻だけが我が家にあった私の胸に秘めていたお気に入り。


金田一蓮十郎さんは小学生の頃からファンだったので、心の中の付き合い的にはゾノさんレベルです。

(驚くほど図々しい。加齢と共に図々しさに拍車がかかっている)


この作者、金田一蓮十郎先生は本当にゲームが好きな作者さんでですね。

20年くらい前に連載されていた【ハレのちグゥ】の主人公、ハレもずーっとゲームしてる少年でした。

ゲームへの熱が漫画からひしひし伝わってくるのです。私こういう、作者さんの“好きなもの”が熱を帯びて伝わってくる系の作品とてつもなく大好き。


主人公

さつきたくみ君

(ゲーム内名:パウダー)

f:id:ookimachi:20180930213400j:plain

(23歳童貞ゲーム内♀)


おかもとみやこ

(ゲーム内名:ゴロー)

f:id:ookimachi:20180930214124j:plain

(ギャルのネイリストゲーム内♂)


所以、よくあるネカマ×ネナベのうっかりラブコメディ。

f:id:ookimachi:20180930215007j:plain

(私の心情はガッツリ主人公)

お互いの性別を勘違いしたまま、まさのルームシェアすることになりましたーという、ね。あるある〜。

あるあるだけど!!面白いの!!

f:id:ookimachi:20180930215124j:plain

(ギャルへの怖がり方がまるっきりオタク=私のソレ)


二人がしているのは、実際にあるMMORPGドラゴンクエストX

ここがポイントー。

何度もいいます。実際あるオンラインゲームで、かつ、作者がそのゲームをとても好きというのが作中、グイグイ伝わってくるのが最高に良き◎

f:id:ookimachi:20180930220217j:plain

自分の好きなものを楽しく上手に表現してある作品の、なんたる素敵なことか。

f:id:ookimachi:20180930220421j:plain

(好きなモノについて楽しそうに語ってる人すてき)


       ( ・ᴗ・ )

蛇足ですが、この作品が好きすぎて1年半程前、本気で【ドラクエX】を始めようとしていた時期がありました。

友達が彼氏の転勤に付いて行っちゃうかもという事実を前に「どこへ居てもオンラインゲームなら一緒に遊べるじゃん!」と。まあ、資金面に非常に不安があった為諦めたのですが……。私が貧乏なばっかりに。

      

      ( ´・‿・`)


私は女ですが、オタク属性であることから非常に主人公のたくみくんに感情移入してしまいがちです。

「怖い怖い」と思っていたギャルのゴローさんとたくみ君が、少しずつ仲良くなって行く様は、友達の恋愛を応援しているような気持ちになっちまうのです。

f:id:ookimachi:20180930220726j:plain

(仲良しか!!)

思わず二人の関係が進展したりすると、リアルの友達と混同して誰かに報告してしまう程。


そして、読めば読むほどにギャルのゴローさんが素敵過ぎて、この子は“オタク彼女の鏡”であると、私は認定致しました。けってい。

私が男だったらこういう女子と付き合いたい。前向きでノリも良くて、主人公がドラクエのコラボカフェでパンケーキ食べたいと言った時、すぐに付いて来てくれる。

f:id:ookimachi:20180930221739j:plain

(こいつら、付き合ってないんだぜ)

ちなみに、主人公も真面目で良いやつ。優しいしな。


二人で毎晩別々の部屋で同じゲームして、今度はあれやろ、これやろと言ってるの、本当に見ていて嬉しくなるんです。

そして、こうやって語ってるとまた【ドラクエX】やりたくなるんです。


けど、まぁ、ね。

ドラクエ切通ってきてないっていうね!

ゲーム大好きは大好きだったけど、ドラクエ、FFはマジで横目に見てきた感じ!やってなくても楽しいのかもしれないけど!ドラクエって絶対にシリーズ通して知ってた方が面白いだろうし、だからといって、今からドラクエシリーズ制覇とか今生じゃムリめ。


そんなわけで今後も私は【ゆうべはお楽しみでしたね】で、ゲームしてる気分に浸っていこうと思います。


久々に、漫画について語れて楽しかったー。それでは、また気が向いた時にでも。


おやすみなさい。

お久しぶりです。こんばんは。

●およそ3ヶ月ぶりですね。

f:id:ookimachi:20180929203011j:plain

(我が物顔で船長かよ、この鳥)


こんばんは。はいじです。

明日は台風です。これでもかってくらい台風です。


さて、前回の日記がまさかの7月。

占いに行った時の記事で止まっております。現在は9月末。

光陰矢の如しと毎度毎度思いますが、ほんと矢の如し、矢の如し。


●触発されまして

f:id:ookimachi:20180929210820j:plain

(わたしがお金持ちなら全員連れて帰る)


光陰矢の如しなのは常識として。

私“とある友人”の影響を受け、ブログは頑張ってコンスタントに書かなければと改めて思い直しました。

その“とある友人”は月に2回のブログ更新を目標に、テーマを絞った内容を書いているそうです。

個人サイトや、ブログ等が流行り廃れた今。

しかしそんな今でも、自分の思考を明文化し他者に公開する術として、ブログや個人サイトは効率の悪いツールではないと思います。

TwitterInstagramなど、その他のツールと併せていけば、これほど自分の考えやセンスを公開しやすいモノはない。


と、個人サイトやブログがネットの一時代を築いていた10年近く前に、そのツールにどっぷりハマっていた私は、改めてその原点に立ち返ってみようと思った次第です。

【目標は月1回のブログ更新】

最早ここは一体何のサイト(※)なのか、やはり記憶喪失になりかけているところですが、今の私にはそれが精一杯な訳です。

(※)たぶん、ここは一次創作サイト


あと、最近こんな死にかけのサイトですがたまに頂くメールやコメントで「米騒動が生きてて良かった」とか「久々に探してみたら米騒動まだあった。作品読み返してみます」とか、同窓会みたいなコメントを貰います。正直、かなり嬉しいです。

“あの頃”学生さんだった方々も、今や皆さんそこそこ社会人になったりされてるんではないでしょうか。


だって、米騒動も来年で10周年です。


       ( Ꙭ)


ですよねえ。

開設当初19歳だった私も今や29歳ですもの。開設当初のブログは最早ネットの海の藻屑と消えてしまいましたが、“あの頃”のブログのネタといえば「バイト」「大学」「創作」この3つでした。

バイトの生徒がどうとか、テストやべえとか、今度の小説のネタはどうしようとか。

今思うとあの頃の自分はファンタジー小説の主人公かなにかですか?と言いたくなるような環境に居ました。とおい、とおい。

それが「就活」「社会人」「退職」「ニート」「転職」「婚活」などと、その時々で人生環境やテーマは移り変わり、なんかもう米騒動のブログは私の人生の流れそのものと言っても過言ではない感じになってきています。


10年って、そういう長さなんですね。なっとく、なっとく。


特に、そんなつもりなく書いた今回のブログ。なんだか私は死ぬ前なのか?と思えるくらい、サイトやブログ、そして人生を振返ってしまいました。死ぬ予定はありません。


ただ、紆余曲折ありましたが2度目の退職が今週決まりました。

来月から少しずつ有給を消化して12月末日で、今の職場からは籍が抜かれます。紆余曲折あり過ぎて、今や名残惜しい。

しかし、辞めます。


そして、特になんの理由もなく突然思い至ったので2週間後くらいに婦人科検診を受けてきます。

なんか、こう。子宮頸がんとか、子宮内膜症とか、乳がんとか。そういうの気になる年齢なので。

てか、あれ。生理痛さんが、年々ひどくなってて。私、我慢弱いおんななので、そういうのむりなので。

いってきます。

f:id:ookimachi:20180929212056j:plain

(生理ちゃん……)


ほら、だって、わたし、来年……30……(真顔)

米騒動だけ年取って、私は年取ってるつもりなかったです。そう、私はイタイおんなです。


ほんとは、仕事辞める考察とか書く予定だったんですけど、もう辞めるの確定しましたし、考察もクソもないのでポーンとどっかに投げ置きます。なので、本当にコンスタント更新を守れたならば次のテーマは【はいじ、婦人科検診へゆく】になる予定です。


ふう。19歳の私から29歳の私に移り変わった最新のブログニュースnew!テーマが、なんか重い。ほんと、私という女の一生って感じのブログっすわ。


そんなわけで、私は今日も生きてます。

閑話休題:人生に迷った女占い行きがち説

閑話休題の巻

f:id:ookimachi:20180703234721j:plain

(私が占いに行った事で、見事説が立証されました)


こんばんは。

前回は“仕事を辞めたい”をテーマに色々荒ぶっておりました。

まあ、今もそこそこ荒ぶってはおりますが。

今回は前回の記事の次回予告とは逸れますが、軽く6月に行った占いについて触れておきます。

ご安心ください。今回は短い日記です。


●人生に迷った女が占いに行って120%有効活用するため

f:id:ookimachi:20180703235101p:plain

(メモを取る)


私はスピリチュアルな何かを信じて占いに行くというよりは、何でもいいので他人の言葉で背中を押されたい欲を満たす為に占いに行くタイプの女です。

以前、an・anさんの血液型占いにハマっている時にも書きましたが、占いとは自分の行動原理をコントロールするハンドルみたいなモノだと思っています。

血液型がどうというより「AB型は○○です」と言われて、なんとなく「へえそうなんだ。私もそういうとこあるかも」と心の片隅に置いておいて、その置いておいたものによって自然と自分の行動がそちらに寄せて動いていた結果起こる物事というのに“占い”の意義を感じます。


私のような他人の影響を受けやすい単純革命おんなは、それが顕著に現れます。

つまり、私が占いに行くという事の意義はそこそこ大きいのです。

なので、占いで授かった言葉は一言一句忘れずに頭に入れて、日頃の行動を変える一歩にしたい。

        ( ◠‿◠ )


しかし、しかしです。

私はビックリする程忘れっぽい。あたまのなかお花畑かなってくらい忘れっぽい。

(きっと将来、認知症になっても周りは最初全然気付いてくれない可能性が高いだろうなと今から心配するくらい忘れっぽい)


占いって20分やそこらでまぁ、高くはないけど安くもないお金がパアッと飛んでゆくわけです。

そうなると、己の記憶力なんてほんと何の頼りにもならない。

なので、こういう時は占い師の人のお話を聞きながらメモを取ります。

私ではなく、一緒に行った友人たちが。


これは複数の人間が一緒に占いのお部屋に入れるパターンの占いでしか使えない技ですが、同席OKの場合はとても有効です。

さすがに占いを受けている本人が聞きながらメモをとったり、携帯のメモにポチポチと打ち込むのは、占い師さんに失礼にあたるので、本人は一生懸命うんうんと頷いて聞くのです。

スカスカの頭に少しでも残るように。

同席した友人たちがメインで占い内容をポチポチします。

上の画像は、私が友人の占い結果を携帯でメモったものです。


自分の記憶と友人のメモ。これを合わせて見ると、とても聞いた内容に程近い内容が記録として残せます。

とても良き技です。


私は二人の友人たちと占いに行きました。メモも二枚岩。頑丈!

更に、占い師さんがとても親切なのもあって、のびのび占いの内容を聞いていく事ができました。

f:id:ookimachi:20180704001358j:plain

おかげで家に帰って友人たちのメモとペラペラな己の記憶を合わせて、内容の濃いメモレポートが書けました。


たまに読み返して、自分が占いで言われた今後に近づけるように行動原理をコントロールしておるところです。


という、はいじの占い活用レポートでした。


●最近、またチラホラ作品の感想をいただき増す。

f:id:ookimachi:20180704001659j:plain

(これが60歳で脳の病気になるといわれた手相です)


ほんと。ここが何のサイトだったか完全に忘却しそうな頃に、とても内容の濃い感想が私に届くので、本当に有難い限りです。

たぶん、その感想メールや拍手がなければ私は米騒動が何だったのか忘れて生きていきそうなところあるので。

特に【俺宣】に対して頂く感想は、どれも密度が濃くて目頭が熱くなります。私が弱るといつもこう。

なんか、作品を褒められると私自身を褒めてもらったみたいな幻覚を抱けるので、とても励みになります。


最近、少し元気なかったりしてますが、なんかまだ頑張れそうです。

励ましのメールもありがとうございました。

次回は退職に関する考察に戻ります。


          ٩( ᐛ )و


いまの私は、裸足で砂利道を走って足が痛い!と泣いてる感じ

●お久しぶりです

f:id:ookimachi:20180628172718j:plain

(友人宅用のクラフトホリックはまだフワフワしている)


こんにちは。

本日で20代最後の一年のスタートを切ったはいじです。

(ありていに言えば29歳になりましたよ、と言うことです)

心してかからねば。1年があっという間という事は、最早これまでの人生で立証済みですので。


      ( ◠‿◠ )


ひとまず、前回の記事からそこそこ時間が経っています。前回はストレス発散コマンドの増加について書いてあります。

既に、しんそこ懐かしいです。

そして今回のテーマは“退職”。

その一言につきます。

ストレス発散コマンド云々ではなく、仕事によって生じたストレスを発散しようとする試みそのものが、最近の私をそこそこ追い詰めてしまっていた、という事実に最近気付いてしまったので。

未来の自分の為、退職決意前の荒んだ心理状態を記録していきたいと思います。


※決して明るいお話ではありません。

自分への公開メモだとご理解ください。


●最近の仕事について

f:id:ookimachi:20180628235019j:plain

(ゾノさんからの誕生日プレゼント可愛すぎかよ)


まず初めに。

私の新年度からのお仕事について。

昨年12月から仕事デキる同期が辞めたり、挙げ句の果てには仕事超出来る主任が辞めたりと。

仕事の戦力ダウンと精神的ショックが半端なかった年度末。


正社員&勤続年数から見て普通に考えると、次の主任ポジションはまごうことなく私しか居ないという状況に陥りました。


【簡単な事務部メンバー紹介】

①はいじ(29) 正社員 5年目

 仕事出来ない 自信ない

②H恵(22) 正社員 4年目

 仕事早い 自信しかない 

③Y江(42)  正社員 半年

 新人 新人時代のはいじより20%増で仕事できない

④パート2名 15年以上超ベテラン


ご覧ください。

私が主任なんて、そうは問屋が卸さない。

正直、上に立てるかどうかというのは、年齢や勤続年数よりも性格や資質、適性のが一番モノを言うと思います。


そう、私は仕事ができないやつなのです!自虐ではなく、事実なのが悲しい限り。故に自信がいっこもない!


なので、私は前主任が辞める時に上にキッパリとお断りしておりました。

「私は主任にはなれません」と。


こう、要領が悪くて仕事のペースも遅い。出来ない量の仕事が来ても他人に上手に振る事もできない。助けも求められない。


そんな訳でアホな私の残業時間は3月から、そこそこ鬼でした。

(鬼な割に給料はペラペラでした)事務全体の戦力ダウンにより、一人にかかる業務が増える→私のキャパはフルオーバー!


      ( ´・‿・`)

しかし、それは他の皆も同じことですよね。私だけ特別ではないんです。ここは弱音など言える部分ではない。

まあ、増えた業務が事務仕事だけなら私も別にどうってことないのです。


ルーチンワークを淡々とこなすだけなら、私はそこまで苦ではないんです。一応5年目なので。やる事わかりますし。

というか、ルーチンワークなんて、一番楽ちんのヤツですもんね。


ただ、私が一番嫌(苦手)なのは「やれ!」ではなく「この問題についてどう思う?事務としてはどう?」という判断&決断。

そして、それを明確にトップダウンすること。そこから出た意見をまとめて、更に上に上げること。

それがちょうちょう苦手中の苦手なのです。


おかげで職場に居る事自体が苦痛になっておりましたここ3ヶ月。

主任会議に出て私の言葉=事務部の意見とされたり、点数改正で出た色んな点数についての事項を各部署から「これ取れるの?施設基準クリアしてるの?」と矢継ぎ早に聞かれたり。事務部の窓口として、他部署からの意見が私に来たり。


こういった、主任不在と言えど(私は主任ではないんです!と声高に言えど)誰かはやらなければならないグレーな主任業務。


それに増えた通常業務。

なんかもう私頭パーン!てなってたんですよね。おかげで最近、仕事をしてると涙もろくなってきてメソメソする事が多かったです。


主任が辞める時に私に言いました。

「主任になって、自分の性格が歪んだ気がした。とても自分が嫌なヤツみたいに思えて自分のことが嫌いになったりした。ちょっと頭おかしくなってた」と。

同じような事を現看護主任も言ってました。

「上に立つ人間は言いたくない事も言わなきゃならない。だから、下から嫌われる。嫌われるのを知ってても言わないといけない。本当は私こんな人間じゃないのに。そう思うと本当にしんどいのよ」と。

二人が私に同時にかけてきた言葉は「自分を嫌いになるだろうけど、気にせず強くあれ!」でした。


これを聞いて、この人達はなんて高度な部分で悩んでいるんだ!と私は思いました。

まず、私はあの経験と自信が私よりエベレスト級にある事務部のメンバーに物申す事などないし、できないだろう。他部署になんてもってのほかぞ。と思っていました。

だから、そのへんは大丈夫だろうと。業務的にしんどくなるヤツだろうと。そう思っておりました。


しかし。まあ、最近悟りましたよね。


「このまま、この職場に居るとダメだ。自分の事死ぬほど嫌いになり続けてしまう!こまったで!」


私は仕事でメソメソ泣くヤツがこの世で一番嫌いでした。

泣いてもどうにもならない事を泣いて情に訴えてどうにかしようというその甘い考えを仕事で出すなんて非常識にも程があると思っていましたし、今もそう思っています。

言葉を涙にすり替えて来るやつは大きらいです。


泣いている暇があるなら、言葉でハッキリと「へるぷ」と言える人でありたい。

どこをどうして欲しいのか、どう助けて欲しいのか。

きちんと言葉というコミュニケーションツールを利用して、自分のきつさを軽減できる人間でありたかった。


今の私からは程遠い人です。


上には、あぁ書きましたが悲しいかな。涙ってやつは、なかなかコントロールできるものではないのもまた事実。おかげで最近、泣いてばかり居ますね、職場で。


なので、最近の私はぶっとばしたいくらい嫌いです。職場は仕事をするところであって、泣いて弱音をはいて周りにどうにかしてもらうよう察して動いてもらう場所ではないのです。


先人達が口にしていた「自分を嫌いになる」流れとはまた違ったカタチで、やはり私は私を大嫌いになりかけてるのであった。


それが6月末のはいじの仕事風景。

月曜日~土曜日までの私です。



●果たして続くのかわからないが一応次回予告

f:id:ookimachi:20180629230251j:plain

(すてきパッケージ。私は一番左のねこのだんせいが良いとおもう)


これまでは退職にまつわる平日パートについて長々と書いてきました。

あまりにも長い為、一旦ここで切ります。


明日は月末。

そして残業ターンに入る為、退職にまつわる考察“休日編”へ移る事が出来るのかは不明ですが、できる事なら記録しておきたいです。

仕事に追い詰められると、休日への向き合い方も変貌してしまうんだぞ、と将来の自分へのメッセージとして。


それでは次回

退職にまつわる考察、休日編。

【日曜日の価値が高騰し過ぎて、バブルが弾けた】

      ٩( ᐛ )








ストレス発散コマンドの増加

●今日、やっと

f:id:ookimachi:20180409225943j:plain

(やっぱり年かしら。花に癒やされてしまうんです)


こんばんは。

やっっと、やっっと4月の残業が明けました。はいじです。

先月から今月にかけての約2週間に及ぶ残業は、主任退職、点数改正、休日当番医などを伴い今までの残業史上、類を見ない程心身ともに疲れ果てました。

おかげで、終わった今の開放感ったらないです。

お風呂で大声で歌い散らかして、階段を駆けのぼって、軽くクルクル回って踊ってしまう位には幸せを享受しています。

f:id:ookimachi:20180409230613p:plain

(解き放たれすぎる気持ちわかる)


仕事をしていて良かったなあと思う事は、ただ“家に帰る”というコマンドの選択が可能になる瞬間が、とてつもなく幸せだと思える事です。

所以、幸せの低レベル化。

仕事のおかげで些細な事を嬉しく思うし、幸せに感じる事ができます。


また、残業はきますし、主任は居ないので色々と面倒な事は降り掛かっています(現在進行形で)

けれど、今週来週くらいは無条件ハッピー幸福を享受して生きていきたいと思います◎


●最近、良いなと思うこと

f:id:ookimachi:20180409231142j:plain

(あい。はぶ。あ、どりいむ)


残業中、色々あって号泣したりする事もありました。

そんな中で、私は新しいストレス発散コマンドが増えました。

_________________

どこへ行きますか?

▷喫茶店

 お買い物

 本屋さん

 バッティングセンター new!

¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯

f:id:ookimachi:20180409231749j:plain

(私めは80キロに毎度挑戦します)


最初は、ラウンドワンさんでバッティングに挑戦したのが始まりでした。

そして、全然打てない事に特に悔しいなどと言う感情が湧き上がるでもなく、ただ何かボール飛んできて怖いと思うだけでした。

けれど、その後なんだかふと思ったわけです。


( ´◡` ){女の人が、明らかに仕事帰りの格好でバッティングセンター寄って、パンパンボールを打っていたら……それはとても格好良い事なのでは、と。

f:id:ookimachi:20180409232546j:plain

(ちっとも当たりませんけどね)


私は格好良いことが好きです。

大学生の頃は、スタバでお茶してる自分がとても格好良いと思って、毎日スタバに通っていました。

あたまのイカれ狂っていた私は、当時のバイト代の殆どをスタバ代に浪費していました。とんだイカれ野郎だと思います。


そんな感じで今はバッティングです。バッティングなんです。

大学生の頃みたいに、時間がないので毎日なんてのは無理ですけど、木曜日の半ドンの時にね。

ちょこちょこと隣町の寂れたバッティングセンターにこそこそと行っております。

f:id:ookimachi:20180409232944j:plain

(平日の昼間はスッカラカンです)


私の夢は、いつか仕事帰りに事務服のままバッティングセンターに寄って、パンパン!とボールを打ち返してホームランの袋に入れること。

そして、周りの人達に「きっとあの人は仕事で嫌なことがあって、ストレスをチャージしてバットに込めてるんだ。だからあんなに飛ぶんだ」と、思わせる事です。

そんな事を周りに思わせられたら、きっと格好良いと思うんです。


そろそろ気候も良くなってきたことですし、ウォーキングやプールも再開させたいです。そこに今年はバッティングを加えて、去年よりは体力のある自分になりたい。


( ´◡` ){体力のある自分も、とても格好良いと思いますね。旅行とか余裕しゃくしゃくで動ける自分さいこう!


残業明けでテンションが鰻登りのはいじからでした。


100万回思ってきたこと

●取り急ぎの日記です

f:id:ookimachi:20180404234725j:plain

(9年半務めていた主任が辞めちまいました)


( ᷇࿀ ᷆ ){こんばんは。


ブログではお久しぶりです。はいじです。

前回の記事はまさかの2月で、思わず目をむきました。まあ!

そんなに時間てあっと言う間だったかしら。

“光陰矢の如し”とは本当に言いえて妙な表現ですよね。そう、今まで生きていて100万回は思いました。

確かに振り返ると3月は怒涛だったので、仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。

なんというか、3月は仕事も休みも全てが詰まり過ぎて、ほぼ家に居ませんでした。


( ◜◡‾){ええ、めまぐるしい限りでしたよ!

f:id:ookimachi:20180405000430p:plain

(良いタイミングでiPhoneさんが私に説教してきました。優秀すぎる)


そして、現在はというと年度末からの新年度、月始めからの、主任退職という試練の連続で、最低限度の生活を営む権利すら有していない状態です。

あまりに忙しかったり、精神的に追い詰められ過ぎて、職場で号泣しちまう程です。ああ、あかっぱぢです。

それも、もう少ししたら少しは落ち着くのではないかというところまで来ております。


近況報告もですし、もっと手帳を書いたり、アニメの感想を書いたり。そういう自分の中が潤う忙しさに見舞われたいです。ほんとにね。


それはそうと、私が死んでいる間に、とても長い長いメールを頂いたり、励ましのメールを頂いたりしました。感謝しかない。

なんとまぁ、米騒動のに来て下さる方々ときたら、こんな動いていないサイトにも関わらず、ここぞという所で私を助けてくれます。

はあ。何度も申し上げますが感謝しかありません。


「ここってだいたい何の為のサイトだったかしら?」と小首を傾げる事の方が多い存在テーマ不明になりつつある、小さなサイトですが、落ちついたら、ひとまず、そう。ひとまずね。ちゃんと、ブログを書きにきたいと思います。


( ´◡` ){そんな、取り急ぎ日記でした。