米相場

米騒動というサイトにくっついているブログ。

今や懐かしき受験と言う名の学力合戦イベント

お久しぶりです

f:id:ookimachi:20171207154959j:plain

(ヌクいことは、良い事ですね)


こんにちは。前回の記事から早2週間以上開いてしまいました。

はいじです。

12月に入って、月が変わるって本当に凄い事なんだなと思うくらい、空気感がガラリと冬仕様になっていてしまいました。暦ってまるで季節を操っているよう。秋のあの日々が恋しいです。とてつもなく、寒い。


さて、最近は久々に業務が変わって、月末〜月初がまるまる2週間近く酷目に残業をしないといけなかった為に、更新だなんだと言っていられない感じでした。

今年中になんでも良いので創作サイトらしい事ができればよいのですが。


まぁ、年末のスケジュールやこれからへの志と相談しながら決めていきたいと思います。


●受験生からメールを頂きました

f:id:ookimachi:20171207155851j:plain

(クリスマスに施される煌めきって、誰と見ても綺麗なんですよ)


そうそう、そういえば大学受験を目の前にしている方から、先日とても有り難いメールを米騒動に頂きまして。

受験生、つまり18歳という事は私より10コ年下の方な訳です。なんだかその事実だけで、そのメールはファンタジー世界から届けられたモノのような気分でした。

ありがとうございます。


私もだけど、米騒動も確実に年を取っていますね。わかっていても、いつ実感しても驚きが色褪せません。


この時期の受験生はと言えば、ともかくラストスパートですよね。1点の上下の中に、何百人、もしくは何千人近くの受験生がせめぎ合ってるものですから、気持ちも張りつめるし、焦るし、正直疲れますよね。

一生懸命であればあるほど。

改めて考えると本当にお疲れ様しかない。お疲れ様です、受験生の方々。


A〜E判定なんていう5段階評価に一喜一憂しますし、なんかもうあの世界観こそがファンタジーだなと、今は思います。


メールを下さった方も、本当にお疲れ様の極みのようでした。色んな自分の中の“楽しみ”を我慢して、勉強、勉強、勉強。本当に頭が上がらないったらありません。

そんな中【蛇足】を読んで、少し気が楽になって下さったようで、私にはその言葉が逆に励まされました。

確かに、【蛇足】には、高校受験前のよしきという少年がイライラの極みを主人公である楓にブツけて、逆に説教される、みたいな話がありましたね。懐かしき……。


あれは、大分というか、ほぼ自分へ向けた説教でした。

あれは確かに19歳の、大学受験を終えてだらけきった自分にしか書けない説教だったと今は思います。

アルバイト先の受験生達の必死かつ、将来の明確なビジョンを持った勉強の姿勢を見て、自分の浅はかかつ目的意識のない受験時代を比べてでた説教です。

メールを下さった方にも、その子達と同じような将来の明確なビジョンがあるようでした。

だから、きっと大丈夫だと思います。


そんな事くらいしか言えないのですが、受験生の方のメールは28歳の私に、とてもやる気を下さったのでそれだけでも伝わればなと思います。


体調には気を付けて。しっかり暖かくしてください。


●受験って世界観がファンタジー!

f:id:ookimachi:20171207174912j:plain

(an・an様は色々な特集に余念がない)


あと、これは現状受験生の方々が見たら本当に「こんちくしょう」と思われそうですが、本当に“大学受験”て特殊な世界観だなと、いまの年をとった私は思ってしまいます。

すみません、変な見方をしてしまって。


あの10代後半の若者達による、点数による競い合いと、模試による判定の世界、知らない受験生と肩を並べてこれからの数年間を懸けて挑む感じ。鉛筆で黒く解答を塗り潰す(マークシート)真剣な姿の若者って、こりゃあもう……!

こりゃあもう、ね!見方を変えればファンタジーでしかない。私の目にはそう映ってしまう!

ひとりっ子の私の目に、兄弟がファンタジーに映るように、自分にないものって何気ない一つ一つがファンタジーになるんですよね、これが。


異世界へ転生しなくても、魔法を使えなくても、空から女の子が降ってこなくても、受験ってファンタジーだと思います!充分!


受験生って、私にとってはジャンプ並の熱い怒涛の展開を前にした主人公感が凄い。受験中のブログどこに行ったんだろう。もう消滅したかもしれないけど、あの頃の自分の忌憚ない姿を、恐ろしくも見なおしてみたくなりました。


それでは、夜ご飯でもむさぼってきます。


※最後に、残業で死んでいる私への励ましメールをくださった方!ありがとうございました!無事に今月の残業は終わりました!感謝です!





近況の事、婚活の事、更新の事。

●ひとまず、近況報告

f:id:ookimachi:20171119211921j:plain

(ひゃっほー。アニメ見てる時が一番たーのしいー)


こんばんは。

最近、寒いせいで家にこもる事が増えまできました。お菓子とアニメのコンボが私に怠惰という名の幸せを差し向けてきます。2017年秋アニメ、最高かよ。素晴らしい。


しかし、そんな自分に喝を入れる為に、今週の木曜(祝日)は晴れようものなら、近所の山に紅葉を見にいくという行楽的苦行を自分へ課そうと思います。もちろん、雨が降ったら登りませんので。


●以下、最近の婚活話。

f:id:ookimachi:20171119211722p:plain

(婚活に漫然とした疲れを抱く私を前に友人が吐いた修羅のような言葉)


※注意)余りのも赤裸々に書くと聞いていられない感じになるので、比喩を多様し内容を回りくどく、ぼかしつつ記載させて頂きます。


       ( ᷇࿀ ᷆ )

最近の私の婚活はと言えば、一進一退の現在、丁度見極めの頃合いと言ったところです。つまり、特に変化はないが動いてない事もない、そんな感じです。


恋愛を疎かに生きてきた私は、恋愛に崇高な夢を見すぎているが故、ちょっとやそっとの事では人間は恋になど落ちないと思ってしまっている所があります。

それこそ、なんか、こう、命を、こう、救われたり、とか。なんか、そういう、とんでもない一大イベントがなければ人は恋に落ちないと思っているわけです。我、難儀。


まぁ、恋に落ちるって凄い言葉ですよね。その言い得て妙感と言ったら。誰が最初に言ったのか、凄い気になります。私は落っこちた事がないので、実感がある訳ではないですが、上手い事言ったもんだなと思います。


その為、ここ数年の私はと言えば、恋のセルフ落とし穴を自分の手で泥まみれになりつつ必死になって堀進めてている感じです。

まぁ、堀り進めてはいるものの、地面が固かったり、スコップが小さかったりと、出来た穴が余りにも浅い故にすっぽり体を埋もれさす事もできません。難儀、難儀。


友人達のようにスコーンと足元を掬われるが如く、深い深い穴に一度位は落ちてみたかった人生ではありましたが、今や良い年なので後悔している場合ではありません。私は今やアラサーなのです。


しっかりしなければ。そこそこ楽しい毎日に満足していては、その先は得られない。

とりあえず、今週は晴れたら登山しないと。そこそこ楽しみです。


米騒動の更新についてf:id:ookimachi:20171119212212p:plain

(最早、こういう事にしか使わないメールボックス。更新前の小説の仮宿)


先のブログでも少し触れましたが、じわり、じわりと私のiPhoneさんの中を仮の宿として、中編らしきものを書き進めております。

一向にBLっぽくならない事に頭を傾げている以外は、今のところ諦めずに進めらているところです。いつまで保つ事やら。


その合間に、何か更新できればいいなとも考えております。

しかし、現在、更新停止しているものに手を付けると書きかけの中編とまぜこぜになってしまいそうなので、何か既存小説の番外編なりなんなりを上げにこれればいいなと思っております。

その点、6周年記念小説はとても都合が良かったです。短編で上げられましたし。

長い間諦めず、静かに米騒動の更新を待って下さっている方々の隙間時間を埋める位の何かを上げたいものです。


そんな感じの今日この頃です。




【更新履歴】6周年記念部屋

11月11日

【6周年記念部屋】

未知との×オメガバース(??編)


 こんちには。本当に早めに更新履歴にやって来れて良かったです。

 最後の6周年記念小説は【未知との】です。米騒動は【未知との】から始まった創作サイトなので、ラストをしれっと飾れたのは良かったと思います。


 未知との×オメガバースといっても、もちろん全年齢対象な上にカップリング要素なども、もちろんあり、ま、せん。多分。

 何をしたらカップリング要素というものになるのかが分からない以上、その辺を強く言えないのがもどかしいですが、私の中ではあぁいった物をカップリングと呼ぶには値しません。


 【上木 咲のオメガバース講座】


 やっぱり【未知との】は見切りで始めてもどうにかオチる事が出来るようで、書いてて安心感がありました。タイトルの通り、本当は咲のバース検査の結果には触れず【未知との】メンバー達にオメガバースの話や生き方について聞いていく、というマジで【講座】みたいな話にしようとしていました。

 時間設定も【未知との】本編終了後という事にして、全キャラ出そうとしてたんだすけど、マジで面倒になったのであぁ、なりました。


 見切り発車ですと、自分でも思っても見なかった終着駅にたどり着けるので面白いです。


 そして、これでやっと6周年記念部屋の小説も終わらせる事ができました。もう少しした、あのページは撤去し、各小説の番外編へと移動させます。


 皆様、来年の2月には9周年になりますが6周年記念アンケートにこたえてくださり、ありがとうございました。



【更新履歴】6周年記念部屋

●10月28日〜11月8日

【6周年記念部屋】

俺宣×オメガバース設定

野伏間×西山編


 久々の更新履歴に、私自身何を書けばいいのかイマイチよくわかりません。

 わかりませんが、大変お待たせ致しました。ここは本来、私の日常を垂れ流す場所ではなく、こうして更新の記録を残すべき所です。

 何故なら【米騒動】は一次創作サイトであるからです。


 ともかく、これて後1作品上げれば晴れて【6周年記念部屋】も片付ける事ができます。

 しかし、最後に残った【???】。これはとても困っております。困っておりますが、もう、さっさと何か書いて終わらせようと思いますね。


 あとは、少しずつ書いている中編もどきも早く上げれるようにしたい。そういった今日この頃です。


 それでは、また近いうちに【更新履歴】を、上げられる事を祈ります。





飲み会前の空き時間という

●秋アニメ、なんか好き

f:id:ookimachi:20171024192358j:plain

(第3話を見て泣きましたよ)


こんばんは。

前回の取り急ぎブログと大差ないですが、現在飲み会前で少しばかり暇なので現れておきます。

なので、秋アニメについてはまた後日ということです。


とりあえず、秋アニメはとても見ていて安心感のあるアニメばかりで、とても毎日楽しみ。

●グジラの子らは砂上に歌う

宝石の国

魔法使いの嫁

少女終末旅行

キノの旅

ネト充のススメ


とか、他にも何か見てるけど忘れました。

ボールルームへようそこは引き続き2クール目に入ったので、とても心穏やか。


なんか、どれもこれも秋アニメは切ないのが言わせないんですよね。【グジラ子ら〜】は第3話で主人公が「今日だけだからね」と言って幼なじみの女の子を抱っこしてあげるシーンで「………」ってなりました。

「昨日は意地悪いってごめんね。軽いよ」って言って女の子抱えて走るの。その声がとても、優しい。

主人公の表情を映さない、後ろ姿での描写に前日の回想をほんとに混ぜないで欲しい。おかげで朝から大変の極みでした。


そういった風の事を、もうしばらくしたら書きに来る予定ですが、どうなることやら。


米騒動は更新しなくなって1年

f:id:ookimachi:20171024194102j:plain

(2つケーキを食べたよ後悔したよ)


中編に一つ上げれそうか、それとも途中で投げ出すかというレベルの物を現在、毎日毎日スマホで書いていております。

パソコンが買えなかったので、スマホです。

本当は短編の予定だったのに、かの昔から発病している「とにかく書き始めると長くなる病」のせいで、現在第15話(3万字)まで到達してしまいました。スマホでそこまで長くなると、とても頭が痛いです。

しかも、まだ道半ばという。


もう、これは自分への賭けです。

毎度毎度、途中まで書いて米騒動に上げにきて、最終的には更新放棄になってしまう。

その流れを、絶ちたい。

なので、これはもう出来上がるまで私のスマホの中が、お家となります。もしくは、スマホが墓場です。


けれど、少しずつ文字を書く毎日に慣れてきたし、なんだか楽しいので終わらせられても終わらせられなくても、それでいいです。


ちなみに、今回のはファンタジーです。とても、地味でファンタジー感はあまりありませんが。

もちろん、美形×平凡みたいなカテゴリです。


書き終わればいい。いつか。

その調子で、他のにも手をつけられるテンションな成れば、尚良い。


じゃあ、飲み会に行ってまいりますね。

こんばんはの取り急ぎ

●こんばんは、取り急ぎ

f:id:ookimachi:20171015215459p:plain

(5歳の子にスタントなしなんて心配だわ)


こんばんは。

少しばかり、日記の更新すら疎かにしておりました。ハイジです。


最近、久々に創作物に触れていたのでそちらで文章化意欲を発揮しておりました。更新に繋がるかは置いておいて、とても久々な感覚なので楽しいです。


あと、秋アニメが非常に見たいものが多くて毎日楽しいです。

仕事で少しばかり、いやかなり絶体絶命のピンチに陥ったりもしていますが、ひとしきり泣いたのでそれも落ち着いたら明文化しにきます。


仕事の事も、アニメの事も、婚活の事も、創作意欲についても。

とりあえずは、またの機会に日記にするということで。


という、取り急ぎ一旦顔を出しに来ました。

また、近いうちに報告がてら顔を出しますので。


おやすみなさい。

そろそろ、純喫茶の年齢かしら

●お気に入り喫茶店ができまして

f:id:ookimachi:20171001173529j:plain

(このオレンジ色の光がなんとも言えない暖かさ)


最近、とてもよく行く喫茶店があります。ほんとに地元の地元で、家から車をかっ飛ばすと5分くらいで着くところです。


私は喫茶店という場所がとても好きで、友達と話すために行くのも、一人で手帳を書いたりするために行くのも大好きです。

友達と行くのも、一人で行くのもどちらにしてもビックリする程長居(※)するので、そのへん寛容に受け入れてくれ、かつ居心地よく、かつ机が広い喫茶店を、私は長い事探しておりました。

※ビックリする程長居……約4時間


喫茶店と言っても、チェーン店でもどこでもいいんです。けれど、その中にも利用用途に応じた良し悪しがありまして。

下記が私の各チェーン店利用に際する決まり事や個人の感想です。


●スタバ

2〜4人利用。一人では行かない。語り専用。基本飲み物のみ注文。なかなかの値段。他の客との距離が近い。基本込み合ってる為、居ても1時間程度。近所にない。


ドトール

1人、2人利用。手帳書きやサシ語り専用。値段設定ほどほど。ケーキも食べる。机が小さい。長居しやすい。お気に入りの席を確保できるかがポイント。本当は喫煙席が一番好きな席。近所にある。


タリーズ

1〜3人利用。利用客があまり多いとは言えない為、落ち着く。注文する商品がピンとこない。あまり近所にない為、なかなか利用しない。


●ジョイフル(ファミレス)

大人数用。値段も安くドリンクバーもあるため長居しがち。子供学生多い為、騒がしいが自分達が騒いでもバレない。一度、一人で手帳記載の為来店。ドリンクバー&ケーキ、広いテーブルの為、使い勝手はよいが、落ち着かない。


等、チェーン店にも一長一短があります。

一人での利用を目的とした場合の喫茶店は、私も日々民族移動のごとく探しまわることがあります。

だいたい困ったらドトールか地元本屋に併設しているレストランカフェ。


一人利用の為の喫茶店探しのポイントは、騒がしくなく、机が広く、長居しやすいことです。


灯台下暗しで見つけた純喫茶

f:id:ookimachi:20171001175855j:plain

(私の求めるのピッタリがそこにありまして)


冒頭でも申し上げた通り、最近とても高頻度で通う喫茶店を発見しましてね。

全体的な雰囲気がとてもよい。

父の若い頃からあったというソコは、私も昔から知っておりました。

けれど、知ってるだけで風景の一部と化してして「いこういこう」となった事はなかったのです。

ふとしたきっかけで、そこへ行くことになったのですが、ほんとに現在のところの私のベスト・オブ喫茶店です。

f:id:ookimachi:20171001180439j:plain

(メニューも豊富で素朴でおいしい)


席は広く、人は程よく居るけれど騒がしくはなく、お店の人も程よくほっといてくれる。

夜はなんと10時まで開いてるという、田舎にしては頑張った営業時間。

そして、古い漫画がたくさんある。

素敵すぎて、踊りたくなるレベル。

ここには友人と来たり、一人で来たりと多彩にご利用させて頂いております。


置いてある漫画の虜になってしまってからというもの、一人で来ては漫画を読み、友人と来ては語り合い漫画を読み。

そこには心の安寧がありました。


●ちなみに読んでいる漫画

f:id:ookimachi:20171001180854j:plain

(全巻セット購入予定)


主人公のあやかがホステスの世界でトップを目指す話。

とてつもなく、起承転結がわかりやすく、主人公が頭が良い為、愚かなことをしないのが読んでいてストレスフリー。主人公が、苦労や問題を人脈や知恵で成長しながら乗り越えていくのを見るのが本当に痛快。

しかも、1巻が怒涛の展開の為、目が離せないのがよい。掴みはバッチリで、貧乏家庭の女の子がドシドシとトップに駆け上がっていく様は……サクセスストーリーのお手本です。


青年漫画のため、エロいシーンがたくさんありますが、それも見慣れた今では描かれる構図を興味深く見てしまう。

主人公がやたらと風呂の中で考え込むので、よく真っ裸。あとは、女性の股関をあおりで描くポーズがやたらと多いな……と。

ともかく、私は現在手帳を書くよりも、この漫画を読む為に喫茶店に通ってる感じがあります。


ほんと、おもしろい漫画との出会い、そして喫茶店との出会いが9月のハイライトでした。


明日から残業なので、しばらくは女帝通いもお休みです。

あー、しょっぱいったらない。



“好き”の自由研究=“性癖”の自己分析

●ご無沙汰しておりました

f:id:ookimachi:20170921222903j:plain

(自由研究楽しかったです)


こんばんは。

最近、めっきりブログから遠のいておりました。はいじです。

実は、職場で定期的に行われるセミナーがあるのですが。

先日、そのセミナーの司会進行役を仰せつかってしまった為、最近はジワジワと心が疲弊しておりました。

私というやつは、人前に立って話すのが、すこぶる苦手で嫌いなのです。

前職でも、そういったセミナーの司会などはせねばならない職場だったのですが、その頃から相も変わらず苦手なままです。

慣れの問題とは言いますが、嫌いなものは嫌いなので仕方がない。


そんな、ジワッと心に影を落としていたセミナーも今日、無事とは言い難いまでもキチンと終了することができましたので、ハッピーハッピーでブログに戻ってまいりました。

はぁ。しばらく司会はやりたくない。また来月セミナーあるけど。

今はハッピーハッピーで生きていきます。


●“好き”の自由研究を少しだけ

f:id:ookimachi:20170921220626j:plain

(小学生用の『夏休みの自由研究のまとめ方』というサイトを参考にしました)


夏休みを謳歌する子供たちにあやかり、夏だし私も『夏休みの自由研究をやってみるか』と思い立ってから、約2ヶ月。

やっと、“好き”の自由研究に一区切りつきましたので、ほんと気持ち悪い出来になりましたが、少しだけ報告します。


小学生用の自由研究のまとめ方サイトにありました通り、色鉛筆を使い『きっかけ・テーマ・使用したもの』を一頁目に書きました。(上記写真参考)

すると、自分で言うのもなんですが出来栄えの小学生具合にプロさを感じたので、なんだか私には小学生の才能があるのではないかと思いました。

きっと私に夏休みがあれば、更に小学生らしさに磨きがかかる事だと思います。


●好きは性癖

f:id:ookimachi:20170921231453j:plain

今回、掘り下げたのは【ボールルームへようこそ】(9巻)の表現の仕方について。

いや、本当に9巻が死ぬ程私好みの素敵表現のオンパレードだったので、そこを掘り下げた次第です。

好き過ぎる“表現”に胸を熱く滾らせた自由研究でした。

f:id:ookimachi:20170921222639j:plain

【対比】

私は相対する2つの事象や物事を“対比”させて描かれる表現が死ぬ程好きです。

ほんと、何故かわかりませんがまじで対比が好きなのです。今回の自由研究で、その事が明確にわかりました。

f:id:ookimachi:20170921224629j:plain

ボールルーム9巻は特に、その現在・過去を対比させつつ、時間的垣根を上手く曖昧にしてあるので見ていて鳥肌が立ったんですよね。

現在と回想(過去)が上手く融合してるというか、なんというか。

まぁ、伝わらなくてもいいのです!ともかく、そういうのが死ぬ程好きなんですよね!私!

f:id:ookimachi:20170921225440j:plain

書いてる時はトランス状態で気づきませんでしたが、今見るとちょっと引く位語りちらかしていて怖い。

ノンブレスで語ってる。

f:id:ookimachi:20170921225800j:plain

あと、これも好きでしたね。

【複雑】→【単純】

これも意味不明だわと思われるわかもしれませんが、私が心底心踊らされるやつです。

色々歪んだ感情やら、設定やら、出来事やらがあったにも関わらず、最終的に行き着く場所が、とてつもなく単純なものであった!みたいなの。

わからないかもしれませんが!伝わらないかもしれませんが!

私はたぎるのです!これに!

f:id:ookimachi:20170921230309j:plain

他にも【間】とか【比喩】とか、語りだしたらキリがない程、ボールルームの9巻は、私の琴線に触れる表現だらけでした。

多分ですね、ここで筆舌を尽くして語っても、上手く根っこの部分を伝えられそうにもないし、私の気持ち悪さが良い具合に伝わるだけなので、保身の為に語るのはこの辺でやめておきます。


見直すと驚く程に気持ち悪いノートなのですが、実際にやってみている時はそんな事一切おかまいなしに楽しいだけなので、やってよかったなと思います。

(まぁ、皆さんも是非やってみて下さいと言える遊びではないですが)


そりゃあ好きなものについて、考えて考えてペンを走らせる時間なので、楽しくない筈はないのですが。

これからも折に触れて、この自由研究をやっていこうかなと思います。

まだページ余ってますし。

なにより、やってて楽しかったので。


次は遅々として進まない婚活についてや、お気に入りの喫茶店について書こうかどうしようかと思います。


それでは、寝ます。

おやすみなさい。

how to流しそうめん

●“流しそうめん”がやりたかった

f:id:ookimachi:20170907174438j:plain

(やりました)


はいじです。

今回は来年の私に向けた【how to流しそうめん】ブログを書きます。

来年は長さと人数を増やし、更には年齢層の幅も広げて再挑戦したいので、少しでも来年の私が助かるように記録しておこうと思います。


《来年の私へのアドバイス

来年の私へ。

もし、来年も流しそうめんを実行する場合に覚えておくとよさそうな事を書いておきます。

絶対に忘れてそうなレベルの事を記録しておくので、どうぞお役立て下さい。


①開催日は9月が良い

「夏=そうめん」という固定概念を持ってやるのは危険です。

止めください。

特にそこまでの夏へのポリシーがなければ9月頭がオススメです。

だいたい9月頭も十分暑いです。

夏の昼間の暑さは、私自身にも食材にもあまりよくありません。

f:id:ookimachi:20170907175908j:plain

(なかなか暑いで)

※ちなみに2017年版流しそうめんは9月3日に開催しましたよ。

主催者、準備係は15時頃に集合し買い物を行い17時スタートにすると、スタート時は日差しも程良いと思われます。

(親子参加の場合は17時に来てもらうようにしましょう)


流しそうめん用の竹もどきは出来ればもう一、二本増やしておいて下さい

f:id:ookimachi:20170907180358j:plain

(2本でやった場合の例)

大の大人4人の場合はこれでも良いですが、人数がこれ以上増える場合はあと1本、もしくは2本程増やすと規模も大きくなって、子供ははしゃいでくれると思います。

f:id:ookimachi:20170907181330j:plain

(こんな感じ)

※注意

この水のボトルは安定性がない場所に置くと、落ちた時危険です。

棒を増やして高さを増す場合はもう少し高さのある脚立を2つ程用意して、上部に板を設置し安定性を保つようにしましょう。

高さのある脚立(しかも同じ高さのモノ)が2つもねーよと言われても、今年の私にはこれ以上のアドバイスはできない為、どうにかして準備するようにして下さい。


③薬味について

f:id:ookimachi:20170907181901j:plain

(薬味は多い方がテンション上がります)

今回用意した薬味

※()内は個人的な感想です

・大葉(最高)

・ササミ(最高もっと多くていい)

・梅肉(最高)

・刻み海苔(余った)

・きゅうり(程よい)

・刻みネギ(余った)

大根おろし(2/1カットすげー余った。ちなみに私が下ろした)

・みょうが(程よい)

・チューブワサビ(使ってない)

・チューブしょうが(使ってない)

・油揚げとしいたけを甘辛く炊いたの

f:id:ookimachi:20170907182729j:plain

(にゅうめん用。心底うまい。但し序盤に食べれるように暖かい汁も早めに用意すべし。後半にもってくると、なかなかそうめんもういいや感あり)


今回、錦糸卵を用意するのを忘れた為、次回は用意すべし。

色味的にもあった方がテンションが上がると思われるます。


薬味は100均にあるコレ↓に入れると便利です。

f:id:ookimachi:20170907183219j:plain


④用意した飲み物について

f:id:ookimachi:20170907183617j:plain

・ビール

・ソーダ

・緑茶

・日本酒

・チューハイ

この辺は参加者の年齢層を見て変更していきましょう。

余る可能性は高いですが、テンションが上がるため買いすぎても問題はないでしょう。

余ったら各個人で持ち帰りましょう。


⑤蚊対策は入念に

9月だとあなどるなかれ。

むしろ今年の私は真夏の花火大会で浴衣に足出してるときよりも、9月4日の方が蚊にヤられました。

涼しくなってきたから弱ってるだろうと高をくくらず、蚊取り線香はたきまくり、虫よけスプレーは全身をコーティングする勢いでふりかけておいた方が身の為です。

O型(ゾノさん)を生け贄に捧げたとしても、刺されるので覚悟しましょう。


⑥花火は最高なので買っておきましょう

f:id:ookimachi:20170907184217j:plain

(月をバックに花火とか最高)


花火はとても楽しいので多めに購入しましょう。

特に地面においてシュンシュンする花火(名前しらんけど打ち上げたりはしないやつ)は最高に綺麗だったので6個くらい買ってていいと思います。

今年は2個しか買ってなかったので、若干物足りませんでした。

あと今年の線香花火は、火の近くを持ちすぎたせいで「熱い熱い」となった挙句、持ち替えようとした時に花火を落として、酷くガッカリした為、その辺気をつけて線香花火をして下さい。

それか、たくさん買って落としてもいいようにして下さい。

まじで。


⑦予算等

竹もどき 2本 ¥3.280


食べ物などは全部でいくら要したのか詳しくは不明。

但し、竹もどきも含め一人¥2.500程で実施。人数が増えると一人の負担も減ると思われる。

あとは、場所を提供してくれた友人宅にある私物に大いに助けられた為、大いなる感謝を。

f:id:ookimachi:20170907194316j:plain

それでは、来年の私へ。

来年も楽しい流しそうめんがで出来ることを祈ります。

ダラダラしても、グダグダしてもいいので。


how to 流しそうめん

おわり


写真におけるパーソナルスペース

●下記の写真をご覧ください。

f:id:ookimachi:20170903120515j:plain

(特にカメラマンの指示もなく、個々が自然と己のパーソナルスペースを守った結果の記念撮影)


本当に友達かな。

撮った後に撮影した友人から写真を見えてもらって「これは……」と、眉をひそめた結果、撮り直すことにしました。

f:id:ookimachi:20170903120907j:plain

(ありきたりだけれど、写真上の距離感は普段距離感の半分以下に減らさないと、まったく記念撮影感がない)


私はパーソナルスペースがかなり広い人間です。

心底信頼している友人達でさえ、距離が近いと「う、うおお」と、2,3歩下がってしまう感じです。

そんな私の友人達なのだから、だいたい皆パーソナルスペース広めな上に、私にベターっとしてくることは少ない、というか皆無です。


私が唯一ゼロ距離のパーソナルスペースで接近するのは、クラフトの抱き枕(とわいあもちゃん)くらい。

f:id:ookimachi:20170903125546j:plain

(この方はお店方なので、うちの子ではありません)


このパーソナルスペースの広さはなかなか曲者なんですよ。

拒絶しているわけではない、まったくないのですけどね。


と、この後は流しそうめんをする予定なので、ちょっと流してきます。


(※この日記は流しそうめん前の空き時間にちょろりと書いたものでした)